aga治療をやめると、また薄毛に戻ってしまいますか?aga治療の持続性について

■aga治療をやめると
agaのおもな原因は、乱れた食生活と生活習慣、ストレス、そしてDHT(悪玉男性ホルモン)です。aga治療でこれらの要因が改善されることによって薄毛も改善されていくのですが、治療をやめても維持できる場合とまたもとに戻ってしまう場合があるのです。

■aga治療をやめても戻らないケース
日常の不摂生によってagaになっていた場合、生活サイクルを立て直し、栄養バランスに気を配った食事をして、タバコや過度な飲酒を控え、休息を充分にとり、ストレスも上手に解消した結果としてagaが改善できたケースでは、aga治療を中断したとしても、その健全な生活を維持していく限り、すぐにもとに戻ることはないでしょう。

将来的には加齢による薄毛が起こりうるかも知れませんが、しばらくは安泰ですね。体と心が健康であれば、体全体の細胞の状態がよくなり、頭皮や髪の質も向上します。agaに悩んでいる人は、まず生活習慣の立て直しから始めましょう。

■aga治療をやめると戻ってしまうケース
aga専門クリニックや育毛剤を利用し、治療や薬効との相性がピッタリくれば、すぐに効果が現れてagaが改善されることがあります。これはDHTや頭皮環境をうまくコントロールできた状態なのですね。でも、生活習慣を見直すことなく、ただ治療や薬効でagaがよくなったのであれば、aga治療をやめればまたもとに戻ってしまう可能性があります。

薬はあくまで対症療法なので、体質改善をはからなけらば持続性に限界があるのです。

■効果を持続させるには
まずは生活習慣を見直していきましょう。それが難しく、でも効果を持続させたいのであれば、治療を続けていきましょう。
逆に考えると、治療を続けさえすればagaが改善されるのは、治療しても効果がなかった人よりはよっぽど幸運なことです。治療費の負担がつらい場合は、ジェネリック薬品に切り換えてもらうこともできるので、続けやすい方法を工夫してみましょう。

また、中には終わりのない治療を捨てて、植毛など別の方法を試す人もいます。aga治療を続けるにしても、ほかの方法を試すにしても、agaの状態や経済的なことも含めてメリットとデメリットを吟味しながら、どうしていくのが一番いいのか考えてみましょう。